コーヒーについて

エスプレッソの種類について

ケサパサのエスプレッソビバレッジ

 

オーストラリアのメルボルンのカフェ文化から影響を受けて、金沢に生まれたエスプレッソバー ケサランパサランでは豊富なエスプレッソの種類をご用意しております。

まだ日本ではそこまで浸透していないが、外国ではエスプレッソの文化が盛んで一人一人コーヒーの好みを持っている。

日本に比べてコーヒーに対しての多様化が進んでいるため、海外のカフェのメニューを見るとコーヒーはコーヒーでもたくさんの名称のコーヒーがある。

 

そこでメジャーな種類のエスプレッソをここではいくつかご紹介します。

 

カフェラテ

まず一番ベーシックなのは皆さんおなじみのラテです。

ただしラテと呼ばれるにあたってしっかりと定義づけられております。

 

 

 

 

 

 

 

ラテを作る際、まずエスプレッソをワンショット抽出しカップに入れます。

次にミルクをスチームし泡を作るのですが、この泡の量がカップ上部から1センチくらいになるものをラテと呼びます。

飲んだ際ミルクとエスプレッソの量がバランスよくまろやかな印象になります。

 

フラットホワイト

次にフラットホワイトです。

ホワイトなのでミルクが多めで甘いのかな?と思いきやその逆でミルクはラテよりも少なくエスプレッソをより感じることができます。

 

 

 

 

 

 

 

ミルクをスチームする際ほとんど泡を作らずにスチームをします。

フラットは平らという意味でカップに入れた際表面が平らになることからフラットホワイトと呼ばれております。泡がほとんどないため口当たりが滑らかで飲みやすいです。

 

カプチーノ

最後にカプチーノです。

ラテに比べて泡の量が多いのが特徴です。泡が多いためふわふわです。分量は基本ミルクと泡の割合が1:1とされています。泡が多い分ラテやフラットホワイトと比べてミルクの量が最も少なくエスプレッソが濃いビバレッジとなります。

ケサランパサランではカプチーノの場合ココアパウダーをエスプレッソに振ってご提供しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ種類がありますがよく出る三つをご紹介させていただきました。

同じ材料なのにミルクの量やミルクフォームの量によって感じられる風味や口当たりが大きく変わるので自身のお好みを探してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

ライン公式アカウントではケサパサのお得な情報など配信しております。

是非是非お友達登録よろしくお願いいたします(*’ω’*)

友だち追加