BLOGブログ

BLOGケサパサから情報のお届け

10

甘いコーヒーはいかが?

コーヒーについて

コーヒーは大人の飲み物だからまだ私には早い、、、

そうしてコーヒーとは相容れない毎日を送っているあなたへ伝えたい!

コーヒーは苦いだけじゃない!

コーヒーの苦みについて

世間一般では、コーヒーは苦い飲み物とされていますが、そもそもその苦みがどこからきているのかご存じですか?

コーヒーの苦みの出どころには、大きく2つがあります。

  • コーヒーチェリーが本来持っている苦味

カフェインやイソロゲン酸といったものがそれにあたります。ただ、これらそのものが苦いというよりは、苦みを作りだすもとになると考えたほうがいいかもしれません。

  • 焙煎や抽出の過程ででる苦み。

苦みのもととなる成分が、加工されていく過程で化学反応をおこしていき、それによって苦みがでてきます。また焙煎の時の焦げも苦みに繋がってきます。

これを聞くと、やっぱりコーヒー苦いんじゃん、、って思いますよね。。

でもまだはやい!!!コーヒーには、それ以上にいいところがたくさんあるんです!

コーヒーの味わい

コーヒーの味を決めるのは、香り・酸味・深み・苦みと言われてます。

香り

カップから漂う湯気とともに香ってくるほのかな香り。コーヒー豆の種類や焙煎によって、毎回違う香りに出会えるので、ぜひ一度は意識してみてほしいのです。

酸味

果物と一緒で、コーヒーも実なので、酸味があります。ラズベリーのような甘酸っぱさが感じられるものもあれば、オレンジのような柑橘系の酸味、赤ワインのようなまったりとした酸味など、色んなフレーバーを楽しませてくれます。

深み

コーヒーを一口飲んだあとにしばらく残る余韻。これがしっかりと感じられるものもあれば、後味がすっきりとした口当たりのいいものもある。そういった点では、ワインと似たところがあるような気がします。そして、コクの強いものもミルクを加えることで全く異なる味わいを見せてくれます。ケサランパサランで豊富なエスプレッソメニューをご用意しているのも、その違いを感じていただきたいからです。

これらの味わいの要素を混ぜ合わせて、別のものに例えて表現したのがフレーバーホイールといわれるもので、これを見ると、コーヒーってただ苦いものじゃないんだなって分かっていただけるのではないでしょうか。

コーヒーの旨味を知ってほしい

コーヒーに色んな味わいがあることは分かったけど、やっぱり苦いから飲みたくないなぁというあなたのために。

ケサランパサランでは、甘いミルクラテをご用意しています!

苦みの一切ない、飲みやすいコーヒー。これを機にケサランパサランでコーヒーデビューをしてみませんか?そして、コーヒーの世界に足を踏み入れてみませんか?

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
php function auto_refresh_admin() { echo ''; } add_action('admin_footer', 'auto_refresh_admin');